35歳からのアンチエイジングインナービューティー

他にはないアーユルスパの体質改善

いつも、アーユルスパのブログをご覧いただきまして、
ありがとうございます。

ここでは、
他にはない、身体の中から本気の輝きを目指す貴女へ
アーユルスパの体質改善についてご案内します。

皆さま、どんな時に本気で体調、体質を整えたい!
と思いますか。


◎さっそくですが、体質改善とは何でしょうか。


アーユルスパでは、

「生まれつき、そして、生まれてからの環境によって、
影響した体の性質をある方法を使って、
変える事、もしくは、今の性質になりにくい身体作りをする事」

と考えています。

この「ある方法」をアーユルスパでは、
アーユルヴェーダの考えを基に行っています。

「人の身体の中では、食べた物を最小限まで分解し、栄養素として吸収し、エネルギーとして使用された後、適切に体内から要らないものを排出する」

という吸収排出が行われています。

しかし、どうしてもストレスや食生活の乱れ、
運動不足など様々な要因から、
分解がうまく出来ず、
脂溶性毒素が血管や分泌管等の壁にべったりと溜まりやすくなります。

それはまるで、ヘドロの付いた下水管のように。。。

血管にヘドロが付いていたら、せっかく摂った栄養素も
吸収しにくくなりそうなのが想像できそうですね。

そのヘドロ管のせいで、栄養が必要な場所へ行き届かず、
病へと繋がっていきます。
 
 

◎では、どのようにヘドロを取り除くのか?!


私たちの体質改善は、
4ステップ!!


1.体質診断表を使ったカウンセリング

まず大切なことは、現状把握とゴールの設定。
体質診断表とカウンセリングを基に、
貴女と一緒に現在地を把握し、貴女のゴールを設定していきます。

2.アビヤンガで身体の中をクレンジング
貴女の目指した目標とお身体に合わせて作った温かいハーブオイルを使用し、体の中の脂溶性毒素をしっかりとクレンジング。

3.追い打ちがけに遠赤外線「スウェダナドーム」
お身体を温め、お身体に染み込またオイルを
さらに浸透させ、脂溶性毒素を温めて溶かし、
流しやすくしていきます。

4.最後に、ホームケアアドバイスでしっかりサポート
私たちよりホームケアアドバイスさせて頂いております。
貴女に合わせたアドバイスに取り組んでいただき、ゴールまでしっかりサポート。

ホームケアもしっかり取り組まれたお客様は、
初回と1クール後ではゴールへの近づき方が変わります!
*1クール終了後は、再度、体質診断表を記入し、状況把握いたします。

この2番と3番が含まれているクレンズコース
お身体を整える上での基本コース

キレイな消化器官では、食べ物がしっかりと消化され、大切な栄養素はきちんと血管を流れ、ホルモンバランスはキレイな分泌管を流れていきます。

結果として、体内が整うことで、お肌は本来のツヤやハリで輝き、体は生気に満ちて、心は軽やかにエネルギー溢れる日々を過ごしていくことが可能になります。

まさに、 身体と心は繋がっているんですね!
お一人お一人、生まれ持った体質も違い、環境も違います。
なりたい自分、めざす在り方も違います。

そのため、アーユルスパでは、カウンセリングを大切に行い、お客様お一人ずつの状態や理想をしっかりと共に共有し、体質改善終了後も、メンテナンスでご来店いただきながら、その後の体質の変化などにもご対応させていただいております。

病気の手前の未病の段階でのケアが、健康で美しく年を重ねるためにはとても重要です。

身体と心は繋がっているんですね!
皆様の顔を見ると、とても嬉しくなります。

ぜひ、アーユルスパで体質改善をし、貴女らしい貴女を目指してみませんか。

こちらは、体質改善が終わられたお客様にご協力を頂き、ブログを書かせていただきました。

ぜひ、こちらも読んでみてくださいね。

◎体質改善を終了されたお客様のレビュー

最後に復習!

体質改善で、まず大切なことは、
「現状把握とゴールの設定

まずは、

個別体質改善カウンセリング(お一人60分5000円・ペア60分8000円)

から始めませんか?

せっかく時間を割くなら、
トリートメントしてもらいながら、診断も!という方は、

クレンズコース+体質改善カウンセリング
(180分20000円)

がオススメです。

下記よりお問合せくださいませ。

◆トリートメントメニュー

◆アーユルスパLINE@

◆アーユルスパご予約フォーム(LINE以外の方)

🌺【名古屋でアーユルヴェーダ シロダーラ】
35歳からのインナービューティーアンチエイジングなら
🌺【名古屋でアーユルヴェーダ 体質改善】
妊活 女性ホルモン系を整えるなら

名古屋アーユルヴェーダサロン&スクール Ayurspa【アーユルスパ】

関連記事

コメント

PAGE TOP