疲れた胃腸にキッチャリー

おはようございます!

アーユルスパ 荻原です。

1月もあっという間に半分が過ぎましたね。

私は、お正月がずいぶん前だったようなバタバタな毎日です。

皆さんはいかがお過ごしですか?

年末年始で食べ過ぎちゃった、疲れた胃は回復されましたか?

まだまだ身体に重さを感じたり、

胃腸疲れてそうだなー、っと感じてみえる方にオススメなのが【キッチャリー】です!

■アーユルヴェーダの万能食!キッチャリー!

キッチャリーは、お米と豆や野菜を水やスパイスで煮込んだお粥のような食べ物です。

消化に良く、体内の浄化に優れ、デトックス効果や胃腸の疲れを癒します。

さらにこの季節はヴァータ(風の要素)が過剰になりやすいため、ヴァータの特徴である

○冷たい

○乾燥

○軽い

○動き

などと反対の性質のものを取り入れることが大切になりますので、

季節の新鮮なお野菜たっぷりのお鍋や、このキッチャリーのように熱を通して、身体を温め消化を促進するスパイスたっぷりのお粥は最適と言えます♡

■簡単!キッチャリーの作り方

(材料3〜4人分)

お米 2カップ

ひき割りのムング豆(緑豆) 1カップ

お好みの刻んだ野菜 1〜2カップ

水 4〜5カップ

ギー 大さじ1

岩塩 ひとつまみ

すりおろした生姜 大さじ1/2

スパイス 各小さじ1

クミン

コリアンダー

ターメリック

カルダモン

(作り方)

①鍋を温め、ギーを入れたら刻んだ野菜と岩塩を入れて火を通す。

②そこにお米と豆を加えて馴染ませる。

③水を入れ、クミン、コリアンダー、カルダモンを加え30〜40分程煮込む。

圧力鍋などはもう少し時間が短くなりますね。

④最後にすりおろした生姜とターメリックを加えで出来上がり☆

お好みでパクチーやゴマ、海苔、大葉など加えても良いですね。

入れる野菜は何でも良いのですが、トマトやナスなどのナス科のものや、玉ねぎ、ピーマンなどは身体を冷やす食材なので、できれば控えたほうがより良さそうです。

本来はこれを1日3食✖️3日間を取り組むと、体内デトックスにとても効果的です!

そして、それを毎月1回続けていくことで、浄化のサイクルが安定していくと言われています。

でも、まずは1日1食をこちらに置き換えるだけでもずいぶん違いますので、気負わずに取り組んでみてくださいねー。

そして、このキッチャリーを食べるときは、

ながら食べをしないで、ゆっくりと一口ずつよく噛むことで、ヴァータのせかせかした感じを緩和して穏やかに心身が落ち着いていきますよ。

たまにはがっつりお肉も食べたい!

ホイップたっぷりのパンケーキも食べたい!

私はすぐ誘惑に負けてしまうのですが、

あれもこれもダメ❌だと、ストレスも溜まるし楽しみも減ってしまうので、

結局はバランスですね。

あとでキッチャリングするから暴飲暴食もオッケー!ではないですが、

節度を持ち、時々の楽しみは楽しみながら、折々に体への感謝、

季節の恵みへの感謝、

それらを感じながらキッチャリーで整えていけたら良いなあと感じています。

そしてキッチャリングに合わせて、たっぷりの薬草オイルでアビヤンガ!でさらに相乗効果を感じませんか!

アーユルスパへのメールでのお問い合わせ< a href=”https://line.me/R/ti/p/%40bes7321s”>アーユルスパLINE@はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP