白湯とお水

こんにちは(*^^*)

アーユルスパ セラピストの荻原です♪
蒸し暑いですねー

あんまりエアコンは使いたくないですが、つい、冷房してしまいます(*_*)
これからはエアコンや冷たい飲み物などで、体は内も外も冷え冷えになりがちです。
冷えは美容と健康の大敵!

内臓が冷えることで消化力は落ち、酵素の働きを低下させ、身体のあちこちの機能を滞らせます。

気をつけたいですね〜
冷え対策もあり、

私は朝はまず白湯をいただきます。

アーユルヴェーダでは朝は浄化の時間と言われています。

昔から朝一杯のお水を飲むと夜のうちにドロドロになった血液がサラサラになるよー、と聞いてお水を飲んでたのですが、いつ頃からか女優さんやモデルさんはいつも白湯を飲んでると知り、お水で潤してから、白湯を飲むようになりました。

アーユルヴェーダを学ぶようになってから、白湯の素晴らしさを改めて知りました!
アーユルヴェーダでは白湯は、カファの水の要素、ピッタの火の要素、ぽこぽこ空気を含みながら沸かすことでバータの風の要素を含んだ、バランスが取れた飲み物として取り入れられています。
この白湯は、内臓を温めることで体内の機能を活性化し、身体の中に溜まった毒素や未消化物を排出していきます。しっかり沸かすことで、水の分子が変わって、水分として吸収されにくい状態になり、様々な消化器官をお掃除しながら流れてくれるんですよ!

新陳代謝や血液循環がアップして、便秘解消にもイイですね。

代謝機能が上がることで老廃物が排出されやすくなり、むくみの解消や美肌にも☆

鉄瓶や土瓶などで沸かすと更に良いそうですが、そうでなくても、しっかり沸かして、すすれるくらいに冷まして、ゆーっくり飲む、のが大切です♡
ただ、冷ます時にお水を足すと、エネルギーバランスが崩れるので沸かしたものをそのまま冷ましてくださいね。
なので

○浄化には白湯

○水分補給には吸収のためにはお水。

食事の前後すぐに水分を摂ると消化に必要な火が弱くなってしまうので、飲み方も大切ですね!
また、白湯はピッタ傾向の方は飲みすぎると体内の熱が上がってしまうので気をつけてくださいね。
アーユルスパでも、トリートメントの間の水分補給やアフターカウンセリングの時に白湯やお水をお出ししています。

オイルでしっかり身体の器官をクレンジングして、白湯で浄化して、汗をたっぷりかいて、またきれいなお水で体を潤していく…

ヘドロの溜まった水道管がお掃除されて、クリアなお水が流れいくイメージです。

ぜひサロンに、浄化にいらしてくださいねー(≧∀≦)
では、今日は午後のティータイムに、白湯と、ドライジンジャーと黒糖くるみをいただきます♡
桜山サロンご予約お問い合わせはこちら

アーユルスパライン@

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP