35歳からのアンチエイジングインナービューティー

インドのおかゆでデトックス

おはようございます。
アーユルスパ 浅沼です。

先日の台風はすごかったですね。
名古屋は前回の台風ほどひどい被害はなかったようですが、皆さまの所は大丈夫でしたでしょうか?

今年は台風も多く、天気も心も身体もざわざわとする日が続きますが
アーユルヴェーダでは何と言っても消化が大事です。
食事から心と身体を整えていきましょう♪

インドのおかゆでデトックス♡】
『キチュリ』って聞いたことはありませんか?
アーユルヴェーダで最も消化の良い豆といわれているムング豆(緑豆)を使ったおかゆで、
インドでは滋養食として病気の時や、胃腸の調子が悪い時、風邪などで消化力が落ちているときなど、広く食べられています。
また、週末に行うプチ断食の時の食事としてもオススメです。(作り方は最後に)

何だか身体が重くなってきた。胃腸の調子が悪い。
そんな時、私はたまに週末プチ断食をしています。
身体が軽くなりますよ!

朝か夜のみを、お白湯やフレッシュジュースなど固形意外のものを取ります。
前後の食事は軽めにし、冷たい物は取らないようにします。
胃を休めて、身体を代謝に集中させるんです。

ご存知でしょうか?
お腹が空いても身体に食べ物が入ってこなかったら・・・
身体は自分自身の毒素を消化するんです!!!
人間の身体には自浄作用がきちんとあるという事ですね。
また、しょうが、塩、レモン、ターメリックなどが消化(毒素の消化)に役立ちます。

※プチ断食はご自身の体調を考慮されたうえですべて自己責任で、無理のない範囲で行ってくださいね。

【他に気をつけることは?】
アーユルヴェーダでは食べるときの心の状態も消化吸収に影響するといわれています。
焦ったり、怒ったり、落ち込んだりしながら食べると未消化物を溜めることになります。
・食事は集中してゆっくり時間をかけながら、感謝の気持ちとともに楽しく食べましょう
・お腹が空いてから食べましょう(消化の準備ができていないので、温かいものを飲む程度でもいいのです)
・朝昼夜の割合は1:2:1 (前日夜が重かったら0:3:1でもOK)お昼が一番消化力がたかいからです。
・胃の中は、空間:水分:食物が1:1:1か1:1:2 腹八分がいいです。空間がないと消化できないため。
・一口32回ほど噛む
・旬のもの、その土地のものを食べる

いろいろありますが、むずかしく考えずに、自分の身体の声を聞きながら食べることが大事なようです。
今、自分の胃はどういう状態なのか、何を食べたいと思っているのか、ちょっとだけ意識して食事するといいかもしれませんね。

胃にやさしい
【キチュリの作り方】
◎材料(2~3人分)
ムング豆    1/2カップ
お米      1/2カップ (ちなみに写真では押麦で作っています)
水       800cc(お好みで調整します)
ターメリック  小さじ1/4
クミンシード  小さじ1
おろししょうが 小さじ1/2
ギー      大さじ1
塩       小さじ1/2
レモン汁    1/3個分

◎作り方
①お米とムング豆を洗って30分ほど水につけておきザルにあげる
②鍋にギーとクミンシードを弱火にかけ泡が立ち香りがしてきたらターメリックとおろししょうが、お米とムング豆を入れて2.3分炒める
③鍋に水を加えて弱火で好みの硬さに炊く(途中、お水が減ってきたら水かお湯を足す)
④最後に塩で味を調え、レモン汁をかけて仕上げる。

出来上がり♪
レモン汁はかけなくてもいいですが、私はかけるほうが好きです☆
お好みの野菜や、七味などの辛味をたしてもいいですよ。

スパイスはカレーに使える物ばかりです。炒めたら煮るだけですのでお試しくださいね!

5名様限定シエスタはお早めに!!!】
今月から5名様限定になりましたシエスタコース、残りが少なくなってきております。
アーユルヴェーダの醍醐味がつまった大人気お手軽コースにつき
ご検討中の方はお早めにご連絡くださいませ🌸
5名様限定シエスタのメニューはこちらから

【日焼けレスキューキャンペーンもご予約受付中】
こちらは10/30にちまでとなります。
お申込みはお早めにどうぞ💕
日焼けレスキューキャンペーンについてはこちらから

アーユルスパの体質改善についてはこちらから

【ご予約ご相談はこちらから】
◆アーユルスパLINE@
◆アーユルスパご予約フォーム(LINE以外の方)

🌺【名古屋でアーユルヴェーダ シロダーラ】
35歳からのインナービューティーアンチエイジングなら
🌺【名古屋でアーユルヴェーダ 体質改善】
妊活 女性ホルモン系を整えるなら
名古屋アーユルヴェーダサロン&スクールAyurspa【アーユルス

関連記事

  1. 加藤美奈

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP